お風呂のきれいを阻むものとは

とりあえずここさえ綺麗にしておけば大丈夫

毎日お掃除する場所は、浴槽と排水溝です。
とりあえずここさえ綺麗にしておけば、毎日お風呂に気持ちよく入れると思います。掃除するタイミングとしては、最後にお風呂から出る人がお湯をぬいてスポンジでこするだけというとても簡単な作業です。排水溝も、髪の毛をとって少々ブラシでこするだけです。そしてそのあとはバスタオルなどでふき取るだけでカビの発生を防ぐことが出来ます。もちろん換気は忘れないようにしてください。
お風呂から出たついでに掃除をして、体を拭いたタオルでついでに浴室全体も拭くという、無駄のない動きが手間を省いて毎日のきれいにつながるのだと思います。掃除をしようという気持ちがなくても出来るので面倒も感じません。わざわざタオルを出して余計な洗濯物も増やさないので、他の家事に支障も出ずとても効率的な掃除の仕方だと思います。

時々掃除するとさらにきれいなお風呂に

毎日きれいにする必要はありませんが、放っておくとどんどん汚くなってくるのがお風呂の壁や浴槽のフタ、鏡やイス、洗面器などです。
これらの場所は、週に一回掃除するだけできれいを保てます。洗剤はお風呂用の洗剤で充分なので、壁は上から下に軽くこすって汚れを落とし、浴槽のフタはブラシでこすってシャワーで流し、軽くふき取ってから乾かしておきます。週に一回の頻度なら鏡もそれほど汚れていないと思うので、タオルで軽くふき取るだけで大丈夫です。汚れが気になるようならお酢をつけてふき取ればピカピカになります。イスや洗面器は専用の洗剤を使ってつけ置きしておけばきれいになるのでそれで充分だと思います。
その他にも意外に忘れがちなのがお風呂のドアです。気が付けは黒カビだらけという事態もあり得るのでここは忘れずにお風呂用洗剤でこすり洗いしておきましょう。



TOP