塩素系洗剤と酸性洗剤と中性洗剤を上手に使い分ける

カビ系に強い塩素系漂白剤

お風呂の壁や床、ドアによく見られるのが黒いカビです。
これらを落とすのに効果的な洗剤は、塩素系漂白剤になります。しかしこの塩素系漂白剤は直接手に触れると炎症を引き起こす恐れがあるので、必ずゴム手袋やマスクをして使用してください。また酸性洗剤やクエン酸と混ぜても危険なので、絶対にしないほうが良いと思います。
ですのでこれらの洗剤を使用する時は、もう黒カビ汚れだけに的を絞っていった方が良いでしょう。実際黒カビが落ちただけで満足度もかなり高いと思います。
どうしても一気にお風呂掃除を仕上げたい場合は、重曹を使うと良いのではないでしょうか。重曹も簡単な黒カビならよく落ちますし、クエン酸と混ぜても何も害がないのでお勧めです。ただ、長年にわたりため込んだ黒カビには効果がないので、そういった汚れはそれ一本にしぼって塩素系漂白剤で一気にきれいにしてしまいましょう。

水垢汚れには酸性洗剤

蛇口やシャワーヘッド付近についている汚れは皮脂や石鹼による酸性の汚れです。
そういった汚れにはアルカリ性の重曹や酸性のクエン酸が非常に効果的なのでぜひ使ってみてください。ぬるま湯200ccに重曹小さじ1~2杯を混ぜた重曹水と、水200ccとクエン酸小さじ1杯を混ぜたクエン酸水を作っておくと便利です。
掃除を進めていく上で重要なことは、下準備だと思います。作業を途中でいちいち中断することなくスムーズに進めていくために、汚れにあった洗剤を用意しておきましょう。手元に酸性洗剤がない場合は、中性洗剤でも大丈夫です。あくまで軽い汚れに対してですが、中性洗剤は大抵の汚れに対応しているので、食器洗い用の洗剤さえあればきれいに落ちます。



TOP