掃除の手間を省くためには予防が一番

カビを発生させない適正な温度

なぜお風呂場はカビが生えるかといえば、お風呂場がカビの発生する気温に適しているからだと思います。
大体20℃~30℃くらいで湿気のある環境がカビの好む環境なので、まずは熱湯シャワーをかけてカビを死滅させ、換気で湿気を追い出しカビが発生しにくい状況にすることが大切です。
あの面倒なカビ取りさえなければ、あとは中性洗剤で簡単に落ちる汚ればかりになります。鏡についているしつこい水垢は、それ専用の掃除道具を使えば簡単に落ちるので試さない手はないでしょう。環境に配慮して体に優しい洗剤を使うのも良いとは思いますが、素早くきれいに落としたいならある程度は目をつぶって、効率的に汚れを落としていきましょう。そしてなるべくカビを発生させない環境づくりを心がけると普段のお風呂掃除は格段に楽になります。

掃除の後は汚れを予防できる洗剤を

せっかく綺麗にしたお風呂場は、なるべく汚したくないですよね。
とはいえ毎日使っていれば汚れるのは避けられません。しかしそのままでいるよりも、そこに吹きかけておくだけで汚れの発生を防ぐことができる洗剤もあるのです。
お風呂の汚れ防止スプレーや防カビスプレーなど、掃除をした後に吹きかけておくだけで汚れが発生しにくくなるのでずぼらさんにはお勧めのアイテムですね。もちろん掃除をしなくても良いというわけではないのですが、きれいなところをさらにきれいにするのと、汚い所をきれいな状態にするのでは、かかる時間はかなり変わってきます。しかも一度黒カビを発生させてきれいにしても、カビは死滅しているわけではないので掃除を怠ればもちろんまた発生してきます。
なるべく掃除の回数を減らしたいのであれば、こうした洗剤を活用してきれいを保つのも一つの手段かと思います。



TOP